スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然草には深い仏教の教えの無常観が

日本の三大古文の1つにあげられる

徒然草には

仏教の教え にとかれる深い無常観が教えられています。



人間がせっせとやっていることを見ると、

まるで春の暖かい日に、雪ダルマを作り、

その雪ダルマのために金銀珠玉の装飾品を集めたり、

堂を建てようとしたりするのに似ている。


果たして、その堂ができあがってから、

雪ダルマを中へ安置することができるだろうか。


いや、すぐに解けてしまうから、できるはずがない。


人は誰でも

「自分の寿命は、まだまだある」

と思っているが、実際には、

雪ダルマが解けていくように日々刻々と縮まっているのだ。


それなのに、あれもしたい、これもしたいと、

非常に多くのことを計画し、成就する日を待ち望んでいるのは、

雪ダルマのために堂を建てようとしているのとまったく同じではないか。


その願いがかなう前に、自分の命が尽きてしまうのだ。


(第百六十六段)


・・・・・・・・・・


「光陰矢のごとし」と言われます。

時は、「あっ」という間に流れていきます。

正月を迎えたと思っていたら、もう年末です。


地球より重いと言われる私たちの命は、

1分1秒が、取り返しのつかない価値を持ちます。


しかし、まるで無限に生きられるかのうように錯覚して、

日々をやり過ごしてはいないでしょうか?


目の前のことに追われて、

気づけば人生のたそがれを迎えたとき、

いったい何を思うでしょう?


「こんなはずではなかった……」

という後悔だけはしたくありませんよね。


もし、私たちが、兼好法師の言うように、

「儚く解けゆく春の日の雪だるまのために、

 家を建てたり、金銀財宝を集めたりしている」

のであれば、大変なことです。


そんな儚く消えゆくもののために、一生懸命生きているのでしょうか?


何のための人生なのでしょう?


長い一生だと思うと、つい時間を浪費してしまいます。

しかし、「短い」という大前提に立てば、

よほど厳選しなければならなくなってきます。


過ぎ行く人生で、一番になすべきことは何か。

本当の「人生の目的」を考えることの重要性を兼好法師は訴えています。


重いテーマですが、今年一年を振り返りつつ、仏教の教えにふれてみることで、

新しい何かが発見できるかもしれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。