スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然草には深い仏教の教えの無常観が

日本の三大古文の1つにあげられる

徒然草には

仏教の教え にとかれる深い無常観が教えられています。



人間がせっせとやっていることを見ると、

まるで春の暖かい日に、雪ダルマを作り、

その雪ダルマのために金銀珠玉の装飾品を集めたり、

堂を建てようとしたりするのに似ている。


果たして、その堂ができあがってから、

雪ダルマを中へ安置することができるだろうか。


いや、すぐに解けてしまうから、できるはずがない。


人は誰でも

「自分の寿命は、まだまだある」

と思っているが、実際には、

雪ダルマが解けていくように日々刻々と縮まっているのだ。


それなのに、あれもしたい、これもしたいと、

非常に多くのことを計画し、成就する日を待ち望んでいるのは、

雪ダルマのために堂を建てようとしているのとまったく同じではないか。


その願いがかなう前に、自分の命が尽きてしまうのだ。


(第百六十六段)


・・・・・・・・・・


「光陰矢のごとし」と言われます。

時は、「あっ」という間に流れていきます。

正月を迎えたと思っていたら、もう年末です。


地球より重いと言われる私たちの命は、

1分1秒が、取り返しのつかない価値を持ちます。


しかし、まるで無限に生きられるかのうように錯覚して、

日々をやり過ごしてはいないでしょうか?


目の前のことに追われて、

気づけば人生のたそがれを迎えたとき、

いったい何を思うでしょう?


「こんなはずではなかった……」

という後悔だけはしたくありませんよね。


もし、私たちが、兼好法師の言うように、

「儚く解けゆく春の日の雪だるまのために、

 家を建てたり、金銀財宝を集めたりしている」

のであれば、大変なことです。


そんな儚く消えゆくもののために、一生懸命生きているのでしょうか?


何のための人生なのでしょう?


長い一生だと思うと、つい時間を浪費してしまいます。

しかし、「短い」という大前提に立てば、

よほど厳選しなければならなくなってきます。


過ぎ行く人生で、一番になすべきことは何か。

本当の「人生の目的」を考えることの重要性を兼好法師は訴えています。


重いテーマですが、今年一年を振り返りつつ、仏教の教えにふれてみることで、

新しい何かが発見できるかもしれません。

スポンサーサイト

勉強の秘訣

ある成功者のところへ、1人の学生が訪ねていった。
「こうにも世の中が忙しくなってきては、勉強する時間がありません。まことに困ったものです」
 そのとき、大喝一声。
「ばかなことを言うな。用事が多いからこそ勉強ができるのだ。君たちは暇があれば寝てばかりいるだろう。勉強する時間というものが特別にあるのではない。忙しいときにこそ、暇を盗んで勉強するのが本当の勉強である。用事が多いから勉強ができぬ、などと言っている者は、暇になれば遊んでばかりいる者だ。他人が勉強しているときに負けずに勉強し、他人が休んでいるときも勉強してこそ、他人より優れた成果をあげることができるのだ。忙しい時間を活かすか殺すかは、その人の覚悟次第である」 と、諭したという。

「光陰矢のごとし」と古人は言った。


 まことに月日のたつのは早い。昨日今日と思っていることが、すぐ2カ月、3カ月となり、半年や1年は、またたく間に過ぎ去ってしまう。毎日、郵便、電話や応対などの雑務に追われ、忙しい忙しいで、己の本分がなかなかはたせない
 無常は迅速であり、生死は一大事である。
 一刻たりとも、おろそかにはできぬ。

仏教の教え一休さんから学ぶ


お師匠様の大切なお茶碗を割った兄弟子に代わって、自分がやったことにした一休。

いよいよ出かけていたお師匠様が帰ってきた……。


・・・・・・・・・・


「なにおまえが座禅工夫とな。どうも怪しいものじゃ。ほんとうは本堂で寝ていたのではな
いか」

「とんでもないことでございます。一心不乱に座禅工夫しましたが、いまだに解けぬ難問が
ありまして……」

「なんじゃ、その難問とは……。言ってみよ」


「はい、それは人間すべて死なねばならぬのか、中には死なずにおれるのか、

 生死是如何(しょうじこれいかん)

 ということでございます」


「ううん、生死是如何か。それで一休わかったのか」

「いやそれが、まだ……」

「そうか、おまえはなかなかの利口者じゃが、まだ幼いのぉ。

 この際ハッキリ知っておくのだぞ。

 “生あるものは必ず死す”とお釈迦さまも言われている。

 何人も死は免れぬものなのじゃ。お釈迦さまでも提婆でも、どんな英雄豪傑でもなー」


「死はそんなに恐ろしいものでございますか。これで難問の一つが解けました。ありがとう
ございます」


・・・・・・・・・・


「無常観」と言われるように、死を見つめることを昔から日本人は大切にしてきました。

でも、私はその反対で、

「“死”を考えると暗くなるから考えない」

と思っていました。

楽しい気分も吹き飛んで、暗く沈んでしまうからです。


でも、ある一人の女性を知って、考えが変わりました。


その女性は言います。

「友だちと電話をしていても、ああこれが最後なのかなって思うんです」

「桜を見ても、来年も桜を見れるかな、って」


女性は、白血病を患っていました。


死が、すぐ隣り合わせの自分に気づいたとき、初めて“生きている実感”をした彼女。

一瞬一瞬を一生懸命に生きる姿は、多くの人の心を動かしました。


でも、考えても見れば、死が隣り合わせなのは、病を宣告された人だけじゃない。

自分もそうじゃないか、って思ったんです。


一日一日を、大切に生きないといけないのは、自分も同じ。

あー、そーであったなぁ、と。


昔から教えられる歌があります。


“今死ぬと 思うに過ぎし 宝なし

 心にしめて 常に忘るな”


死を見つめて気づかされる人生の大切なことがある、と伝えているようです。


ちょっとコーヒーブレイクには重たい話になってしまいました。


さてさて、一休さん、何を考えているのか?

次回をお楽しみにね☆

努力の大切さ うさぎとかめ


すっかり秋も深まってきましたね♪

秋といったら読書の秋★

ぶらり本屋に出かけたら、

こんな本がありました。





『ヘタな人生論よりイソップ物語』

~こんなに奥が深い“大人の童話”~




「イソップ」って幼い頃よく親しんで

一見、子供向けの印象だけど

大人が読んでも、すごく為になることが

書かれてあったりする。




今日は中でもよく知られる

「ウサギとカメ」を振り返ってみましょ♪



★  ★  ★


ある日、足の速さが自慢のウサギが

カメに言った。

「おはよう、カメさん! 君、それでも歩いてるのかい?
 
 世界一とろいってのは、君のことだな。ハッハッハッ」




カメはひどくバカにされたが、

決して卑屈にならなかった。




「じゃあ、僕と競争しよう」



「マジで!? オレに勝てると思ってるの?」


「やってみないと、わかんないよ」


「じゃあ、やってみるか」



ウサギとカメは向こうの山の麓まで、競争することになった。



ウサギは全力で走りだしたが、

「オレが勝つのは、分かりきったこと。

 真面目に走るのもバカバカしい。

 どうせあいつは、のろのろ歩き。
 
 ちょっとこの辺で、ひと休みするか」

と、ゴール目前で寝てしまった。



一方、カメは自分の力をよく自覚して、

休まず、無理せず

歩き続ける。





「むにゃむにゃ……ん??」

ウサギがハッと目を覚ますと、

太陽は西に傾き、空は紅に染まっていた。



「しまった!」



慌てて走り出したが、時すでに遅し。


カメが先にゴールにたどり着き、ウサギの到着を待っていた☆

まいた種は必ず生える

仏教の根幹 因果の道理が鉄則です。

仏教Q&A仏って何ですか

(問い)仏(ほとけ)ってなんですか?


(答え)

大学のとき、よく「あの先生は仏だ」と多くの人が言ってました。
仏=やさしい人、というイメージがあったのだと思います。
ちなみに、厳しい先生は、“鬼”と読んでいました。


もちろん、やさしい人のことを仏というのは間違っていますが、
死んだ人のことを仏、と思っている人は多いのではないでしょうか。


葬式なんかに行きますと、
「ここのお爺さんも、とうとう仏になってしもうたか」とか、
「こんな綺麗な死に顔の仏様、見たことないわ」とか、
聞こえてきます。


しかし、もし、仏=死人 のことだとしますと、
仏教は死んだ人が説いた教え、になってしまいます。
死んだ人が教えを説けるはずがありませんので、
死人を仏というのは大変な間違いです。


では、仏様とはどんな方かと言いますと、
最高のさとりを開かれた方を言うのです。


一口にさとりと言いましても、低いさとりから高いさとりまで
52の位があるので、さとりの52位といわれます。


相撲でも、下はフンドシ担ぎから、上は大関、横綱まで
いろいろあるように、さとりにも、ピンからキリまで
52の位があり、それぞれ名前がついてます。


その52の覚りの、最高の覚りの位を仏覚(ぶっかく)といいます。
これ以上のさとりがありませんから、無上覚(むじょうかく)とも
いわれます。


この最高無上の仏という覚りを開かれた方を「仏」とか「仏様」
といいます。


今日まで、仏の覚りを開かれた方は、この地球上では、
お釈迦様ただお一人です。
これを「釈迦の前に仏なし、釈迦の後に仏なし」
といわれます。


今から約2600年前、インドに現れられたお釈迦様が、
35歳12月8日に仏の覚りを開かれ、
80歳2月15日にお亡くなりになるまでの45年間、
仏として説いてゆかれたみ教えを、今日、仏教と言われます。

いまだに解けぬ問題がありまして・・

大事なお師匠様のお茶碗を割った兄弟子があまりに泣くので、

一休が自分がやったことに……。

そんなこと言って、本当に大丈夫なの??

さてさて、続きです。


・・・・・・・・・・


「気の小さい奴だな。

 とにかくおまえは私の兄弟子だ。兄弟のよしみということもある。

 よし、オレが壊したことにしてやろう。それなら泣くことはなかろう」


「本当かい一休、そりゃありがたい。

 おまえは平生からトンチがあるから、なんとかお師匠さんを丸めこんでくれ。

 たのんだぞ一休。

 その代わり、こんど法事に出るオレの饅頭は全部おまえにやるからなー」


兄弟子の哀願に、出るやら出ないやら分からぬ饅頭を抵当に、

一休は茶碗こわしの科人役を引き受ける。

割れた茶碗を無造作にポンと袂(たもと)へ投げ込んだ一休、

そのまま本堂へ直行、いつものように遊びに夢中だ。



夕方、和尚が帰ってくる。早速、玄関に迎えにでた一休たちが、

“お師匠さま、お帰りなさいませ”

と一斉に頭を下げる。


「おお一休か、今日もおまえはイタズラばかりしていたのか」

ニコニコ顔の和尚が、機嫌よく言葉をかける。

「いいえいいえ、お師匠さま。今日はイタズラどころではありません。

 一日中、本堂で座禅工夫しておりました」


「なにおまえが座禅工夫とな。どうも怪しいものじゃ。

 ほんとうは本堂で寝ていたのではないか」


「とんでもないことでございます。

 一心不乱に座禅工夫しましたが、いまだに解けぬ難問がありまして……」


さてさて、この後の展開は??

諸行無常 仏教の旗印の一つです。

和顔愛語 仏教で教えられる布施

この季節、

澄み切った秋空を眺めるのが大好きなのですが、



みなさんはそんな風に、

目でずっと追いたくなる人、って

ありますか?



颯爽と姿勢正しく歩いている人に心奪われたり……

ふと気付くと、好きな人を目で追っていたり……



いろいろあると思うのですが、

私は、笑顔の素敵な女性を見ると、

しばらく見つめてしまいます (〃ー〃)



男性は、女性の笑顔が大好きだそうですが、
(……なんですよね??)

女性も、女性の笑顔に心奪われる時ってあるんですよ。



わっ、素敵だな♪ 

私もあんな風になりたいな☆って。



そんな、あこがれスマイル女性像があるので、

「笑顔の素敵な女性を10名あげよ」といわれたら、

即答できますね(笑)



  笑顔にはそれだけの力があるのでしょう。



ただ視線を惹きつけるだけじゃない。



  その場をパーッと明るくして、

  悩み事も吹き飛ばしてくれる、

  心にほんわか、あたたかな幸せを届ける力が、

  あるのでしょうね。



ある仏教の本に、こんなことが書かれてありました☆


 「心からの美しい笑顔こそ人生の花。

  純粋無垢な笑顔に接する時、

  人は一瞬人生の苦労を忘れ、

  生き甲斐さえ感じる」



「あぁ、生きててよかった!」と生き甲斐さえ

感じさせることができるって、

笑顔の力って、すごくないですか!



しかも、

目元の筋肉をゆるめ、

口角をキュッとあげるだけ。



笑顔に、お金は必要なし!



ほら、マクドナルドにもあるじゃないですか。

今もあるのかな?

スマイル 0円って。



さらに、時間も必要ない。



気持ち一つで、周囲に幸せを届けられる。




だから、

笑顔とあいさつを出し惜しむ者ほどの、

ドケチはないとも言われるのですが。




あぁ、胸が痛みます……

辛いときは、自分の心に流されて、

なかなか笑顔って作れないから。

反省、反省(;_;)



そうそう、

先日、用事があって石川県へ行ってきたのですが、

たくさんの人と出会って、

「こんにちは☆ (^▽^)」

「よろしくお願いします! (^O^)」

「ご苦労さまです (*^▽^*)」と

していたら、

悩んでいたことは吹き飛んで、

心晴れ晴れ、明るくなっている自分に気付きました。



笑顔って本当に大事だなぁと

あらためて実感したんです。



人間関係って、とってもややこしいものですが、

笑顔はお互いの関係をぐーっとよくする

魔法の薬でもありますよね☆




約2600年も前から、

インドに現れたお釈迦さまもこんな笑顔の素晴らしさ

教えておられたのです。



人に幸せを与えることができる布施の行ない、

大変善い行ないだから、実践しなさいよ。

笑顔施をされた人だけでなく、

施したその人もまた、幸せになれますよと。




スマイルすれば、

あなたも幸せ、

わたしも幸せ。



幸せのスパイラルが、

ものすごい勢いで回りだすこと間違いなしです☆ 

さぁさ一緒に、

LET’S SMILE! (^▽^)ニコッ♪

see you next week!

法然上人 恨みに対して恨みでは終わらない

━━━━━━━━━━━━━━━━━

目には目をのやり方で

 目を奪い続けると

全ての人が盲人になる

(マーチン・ルーサー・キング2世)
       黒人解放運動指導者

━━━━━━━━━━━━━━━━━


この言葉を知って「なるほど」と思いました。

怒りは怒りを生み、

恨みは恨みを生み、

その害毒は我が身に報う。

個人レベルでも国レベルでも言えることですよね。

哲学者ニーチェも『アンチクリスト』という本の中で


「『敵対によって敵対は終わらず』とは、
 ブッダが残した感動的な 言葉です」

と書き残しています。


以下、親鸞聖人のお師匠様にあたる法然上人にまつわる
感動的な話がありましたので、ちょっと紹介させてもらいますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
決して犯人を恨んではならない。
私が非業の死を遂げるのは、
因果応報なのだ

●法然上人の父

漆間時国(うるまのときくに)は、美作国(みまさかのくに・

今の岡山県)久米の押領使(おうりょうし)であった。

兵を率いて領内の治安を守る役人である。

しかし、保延7年(1141)の春、かねてから不和であった、

この地の支配者の夜討ちに遭い、あえない最後を遂げた。

武士たるもの、戦場で果てるならばいざ知らず、

寝込みを襲われたのでは、痛恨の極みであろう。

時国の子、勢至丸は、この時、数え九歳であった。

幸いにも、物陰に隠れて、難を逃れた。

賊が去ってから、瀕死の父の元へ、駆け寄り、

「必ず、勢至丸が、父上の恨みをはらしてみせます」

と敵討ちを誓うのであった。

しかし、父は、苦しい息の中から、こう諭した。

「決して犯人を恨んではならない。

私が非業の死を遂げるのは、前世からの種まきの

結果であり、因果応報(人の行いの善悪に応じて、

必ずその報いが現れること)のなのだ。

もし、そなたが敵討ちをすれば、

相手の子供が、またそなたを敵と狙うだろう。

敵討ちが幾世代にも続いていく。

愚かなことだ。

父のことを思ってくれるなら、出家して、

私の菩提を弔い、自ら仏法を求めてくれ」

この父の遺言に従って、勢至丸は、仏法を求める

ようになった。

後の、法然上人である。

やられたらやり返すのが、世の中の常。

だが、親は、そんな悲惨な道へ、子供を進ませることは

できない。

仏教の教え一休さんの話し


はじめまして。

金曜日を担当するトーマスです。

親しみやすい仏教の小話を紹介していきたいと思います。


海外からの留学生と話をすることがよくあります。

そのとき、必ずと言っていいほど盛り上がるのが

「アニメ」の話題。


ナルト、ポケモン、ワンピースなどなど。


ちなみに、東南アジアのラオスから来た留学生は、

まっさきに「一休さん!」と答えました。

タイでも、一番人気のようですね。


その一休さんの、ちょっと笑えるエピソードを紹介しましょう。

一休さんは、室町時代の禅宗の僧。


そのトンチの一休が、7、8歳の時のこと。


外出した和尚の部屋へいってみると、兄弟子がオイオイ泣いている。


ワケを聞くと、


「お師匠さんがいつも、

 来客に自慢されている足利将軍から賜ったというお茶碗、

 いつかこの手でゆっくり見たいものだと思っていた。


 留守の今日こそがチャンスと、

 箱から取り出して見惚れているうちに落としてしまったのだ」


と真っ二つに割れた茶碗を、しきりに両手でくっつけながら、

途方にくれて泣きじゃくる。


「なぁんだ、そんなことで泣いているのか。

 大変なことに違いはないが、今更クヨクヨしても始まるまい。

 いやしくも禅宗の小僧たる者、

 セト物の1つや2つ壊したぐらいで泣いては恥だ。

 たとえどんなことが起きようと、

 一滴の涙も見せぬのが禅僧のプライドじゃないか。

 そりゃ泣けば茶碗が元どおりになるのなら、

 大いに泣くのもよかろうが、

 いくら泣いてもどうにかなるものじゃなし、

 いい加減に泣きやめたらどうだ」


「そりゃ一休、理屈はそうじゃが、

 いくら泣いてもどうにもならぬと思うからこそ

 余計に泣けてくるのだ。

 オレの身にもなってくれ!」


「気の小さい奴だな。とにかくおまえは私の兄弟子だ。

 兄弟のよしみということもある。

 よし、オレが壊したことにしてやろう。

 それなら泣くことはなかろう」


さてさて、一休さん、そんなこと言って大丈夫なのでしょうか??

気になる続きは、また来週~♪

仏教の教え無常を観ずるは菩提心の一なり


◆風って怖い◆
 先週、日本を襲った台風18号。大丈夫でしたか?
 私の所は幸い大きな被害はなかったけれど、
 風の怖さを知らされましたね。
 傘をさしてビルの谷間を歩いてたら、
 風にあおられ、本当に飛ばされそうになったんです。
 コワかった~(;へ:)


◆天下無敵の風◆
 そして、こんなお話を思い出しました。

☆★☆
 相撲史上、有名な谷風が野道を歩いていると、小さな男がやってくる。
 近づいて谷風を仰ぎ見ながら、意外なことをいう。

「関取、一番取ろうか」
「なんじゃと、オレを日の下開山谷風と知ってのことか」
「勿論さ、オレは身体は小さいが力があるんだ。是非一番取ろうじゃないか」
 男は執拗に挑戦する。

「それじゃ、どこからでもかかってくるがよい」
 生意気な小僧、一つ懲らしめてやろうと谷風はタンカを切った。

 よいしょと取り組んでみると中々どうして男に力がある。
 さすがの谷風も、やがて思い切り投げとばされてしまった。

 不覚にも尻餅をついた谷風は驚いて、
「やあやあしばらく待った。天下無敵のこのオレを倒したお前は、おそろしく強い。
 お主は一体何者じゃ。名前だけでも聞かせてくれ!」
 と尋ねると、カラカラと笑って、こう答えたという。

「貴方は谷の風でも、私は無常の風じゃ」

☆★☆

 無常の風。
 この風に勝てる人は、だれ一人としてありません。
 どんな人も、この風に吹かれ、
 必ずこの世を去る日がやってきます。


◆今日がその日!?◆
 台風は過ぎ去っても、無常の風はやむことはありません。

 しかも、風は目に見えないからいつ襲われるか分からない。
 70歳、80歳まで生きられる保証はどこにもなく、、
 今日がサヨナラの、その日かもしれないのです。


◆幸せの第一歩◆
 暗い話を…なんて、思わないでくださいね♪
 死を見つめることは暗く沈むことではなく、
 生の瞬間を日輪よりも明るくする第一歩!なんですよ。

 限られた命と知るからこそ、
 この人生、大切にしよう!
 限りある命で何をなすべきか、
 と考えずにおれなくなるでしょう。

 仏教の教えでは

「無常を観ずるは菩提心の一なり」といわれます。
 無常をありのまま見つめることは、本当の幸せへの第一歩。

 太陽より明るくキラキラ輝く人生航路に転ずる鍵を、
 ともに仏教から学びましょう! 
 
 ではまたね☆

挨拶

仏教の教えで自利利他ということがいわれますが


◇挨拶は、前向きに大きな声が大事

“すみません……”

 蚊の鳴くような声では、ますます沈む。

 挨拶は、前向きに大きな声が大事。

“お早うございます”

“ご苦労さまでした”

“申し訳ありません”

“お休みなさい”

 自身も周囲も明るくなり、自利利他(じりりた)となる。

おかもんです

今日からブログをはじめます

よろしく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。