スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆は何のため?

今日はお盆の意義について

仏教でお盆という行事がありますが?

<お盆とはどういうことか、何をすべきときか>

俗に、お盆といゝますが、正しくは盂蘭盆(ウラボン)といゝます。

『仏説盂蘭盆経』から起こったものです。

この経には、お釈迦さまの十大弟子の一人に目連尊者という人がありました。
この人は神通力第一と称され、特に孝心の深い人でありました。

その目連尊者が神通自在を得て三世を観ました時に、いたましいことには、
尊者の亡き母が餓鬼道に堕ちて苦しんでいることが判りました。

目連は深く悲しんで直に鉢に飯を盛って母に捧げましたが、

母が喜んでそれを食べようとすると、たちまちその飯は火焔と燃え上り、
どうしても食べることが出来ないのです。

鉢を投げて泣きくずれる母を尊者は悲しみ、
「どうしたら母を救うことが出来ましょうか」と釈尊にお尋ね致しました。

その時、釈尊は

「それは、そなた一人の力ではどうにもならぬ。
この七月十五日に、飯、百味、五果等の珍味を十方の大徳衆僧に供養しなさい。
供養の功徳は大きいから、亡き母は餓鬼道の苦難からまぬがれるであろう」

と仰せられました。

目蓮が、釈尊の仰せに順ったところ、
母は、たちどころに餓鬼道から天上界に浮ぶことが出来た。
この喜びの余り踊ったのが盆踊りの始まりだと言う人もあります。

盂蘭盆(ウラボン)は、この目連尊者の故事から祖先供養の日となって
今日に相続しているのですが、

一体これは私達に何を教えているのか、味わってみましょう。

ウラボンという意味は倒懸(とうけん)ということです。
即ち「さかさにかかれる者」ということです。

ですから『盂蘭盆経』とは「倒さに懸れる者を救う方法を教えた経」ということです。

果して、倒さまに懸って苦しんでいるのは目連の死んだ母だけでしょうか。

お釈迦さまは私たちの常識の中に4つのさかさまな迷信がある

と指摘されています。

これを「四顛倒(してんどう)の妄念」といわれます。

その中でも

私たちの命は無常なのに、いつまでも生きておれると

常だと思っている といわれています。

毎年、帰省ラッシュで報道されるのは、

家族が乗った車が事故を起こし、死亡するという悲劇です。

亡くなった先祖の墓参りのために

帰省する自分たちがまさか死なねばならないとは

夢にも思っていなかったはず、

ですが、私たちの命は突然、終わりを告げます。

いつどうなるかなわからない。

諸行無常なのです。

ですが、明日も生きておれる

今年も生きておれる 

定年までは生きておれる

80歳ぐらいまでは死なんだろう

死んだら死んだとき

と思っています。

まだまだ生きておれると思って

真面目に自分の人生に向き合おうとしません。

そういうことからいうと

ウラボン・・さかさにかかれる者

とは目連尊者のお母さんだけではなく

何時までも生きておれると思っている私のことなのです。

仏教は生きた人に説かれたもの

お盆は、亡き祖先をご縁として、自分もやがて死んでいかねばならない身なのだ

決して後悔のない人生を送らねばならないと静かに自分を振り返る

日にしなければ勿体ないですね。     
スポンサーサイト

仏教 地名の検索情報サイトです。

仏教 神奈川
仏教 横浜
仏教 鶴見
仏教 保土ヶ谷
仏教 磯子
仏教 金沢
仏教 港北
仏教 戸塚
仏教 港南
仏教 瀬谷
仏教 泉
仏教 青葉
仏教 都筑
仏教 川崎
仏教 幸
仏教 中原
仏教 高津
仏教 宮前
仏教 麻生
仏教 横須賀
仏教 平塚
仏教 鎌倉
仏教 藤沢
仏教 小田原
仏教 茅ヶ崎
仏教 逗子
仏教 相模原
仏教 三浦
仏教 秦野
仏教 厚木
仏教 大和
仏教 伊勢原
仏教 海老名
仏教 座間
仏教 南足柄
仏教 綾瀬
仏教 葉山
仏教 高座
仏教 寒川
仏教 中
仏教 大磯
仏教 北陸
仏教 富山
仏教 高岡
仏教 魚津
仏教 氷見
仏教 黒部
仏教 砺波
仏教 小矢部
仏教 南砺
仏教 射水
仏教 中新川
仏教 舟橋
仏教 上市
仏教 立山
仏教 下新川
仏教 入善
仏教 朝日
仏教 石川
仏教 七尾
仏教 小松
仏教 輪島
仏教 珠洲
仏教 加賀
仏教 羽咋
仏教 かほく
仏教 白山
仏教 能美
仏教 川北
仏教 野々市
仏教 河北
仏教 津幡
仏教 内灘
仏教 志賀
仏教 宝達志水
仏教 鹿島
仏教 中能登
仏教 鳳珠
仏教 穴水
仏教 能登
仏教 福井
仏教 敦賀
仏教 小浜
仏教 大野
仏教 勝山
仏教 鯖江
仏教 あわら
仏教 越前
仏教 坂井
仏教 吉田
仏教 永平寺
仏教 今立
仏教 池田
仏教 南条
仏教 南越前
仏教 丹生
仏教 三方
仏教 大飯
仏教 高浜
仏教 おおい
仏教 三方上中
仏教 若狭
仏教 東海
仏教 岐阜
仏教 大垣
仏教 高山
仏教 多治見
仏教 関
仏教 中津川
仏教 美濃
仏教 瑞浪
仏教 羽島
仏教 恵那
仏教 美濃加茂
仏教 土岐
仏教 各務原
仏教 可児
仏教 山県
仏教 新居
仏教 愛知
仏教 名古屋
仏教 千種
仏教 中村
仏教 昭和
仏教 熱田
仏教 中川
仏教 守山
仏教 名東
仏教 天白
仏教 豊橋
仏教 岡崎
仏教 瀬戸
仏教 半田
仏教 春日井
仏教 豊川
仏教 津島
仏教 碧南
仏教 刈谷
仏教 豊田
仏教 安城
仏教 西尾
仏教 蒲郡
仏教 犬山
仏教 常滑
仏教 小牧
仏教 稲沢
仏教 新城
仏教 大府
仏教 知多
仏教 知立
仏教 尾張旭
仏教 岩倉
仏教 豊明
仏教 日進
仏教 田原
仏教 愛西
仏教 清須
仏教 北名古屋
仏教 弥富
仏教 東郷
仏教 長久手
仏教 西春日井
仏教 豊山
仏教 春日
仏教 丹羽
仏教 大口
仏教 扶桑
仏教 海部
仏教 七宝
仏教 美和
仏教 甚目寺
仏教 大治
仏教 蟹江
仏教 飛島
仏教 阿久比
仏教 東浦
仏教 南知多
仏教 武豊
仏教 幡豆
仏教 一色
仏教 吉良
仏教 額田
仏教 幸田
仏教 西加茂
仏教 三好
仏教 北設楽
仏教 設楽
仏教 東栄
仏教 豊根
仏教 宝飯
仏教 音羽
仏教 小坂井
仏教 御津
仏教 近畿
仏教 三重
仏教 京都
仏教 上京
仏教 左京
仏教 中京
仏教 東山
仏教 下京
仏教 右京
仏教 伏見
仏教 山科
仏教 西京
仏教 福知山
仏教 舞鶴
仏教 綾部
仏教 宇治
仏教 宮津
仏教 亀岡
仏教 城陽
仏教 向日
仏教 長岡京
仏教 八幡
仏教 京田辺
仏教 京丹後
仏教 南丹
仏教 乙訓
仏教 大山崎
仏教 久世
仏教 久御山
仏教 綴喜
仏教 井手
仏教 宇治田原
仏教 相楽
仏教 山城
仏教 木津
仏教 加茂
仏教 笠置
仏教 和束
仏教 精華
仏教 南山城
仏教 船井
仏教 京丹波
仏教 与謝
仏教 伊根
仏教 与謝野
仏教 大阪
仏教 都島
仏教 福島
仏教 此花
仏教 大正
仏教 天王寺
仏教 浪速
仏教 西淀川
仏教 東淀川
仏教 東成
仏教 生野
仏教 城東
仏教 阿倍野
仏教 住吉
仏教 東住吉
仏教 西成
仏教 淀川
仏教 住之江
仏教 平野
仏教 堺
仏教 美原
仏教 岸和田
仏教 豊中
仏教 吹田
仏教 泉大津
仏教 高槻
仏教 貝塚
仏教 守口
仏教 枚方
仏教 茨木
仏教 八尾
仏教 泉佐野
仏教 富田林
仏教 寝屋川
仏教 河内長野
仏教 松原
仏教 大東
仏教 和泉
仏教 箕面
仏教 柏原
仏教 羽曳野
仏教 門真
仏教 摂津
仏教 高石
仏教 藤井寺
仏教 東大阪
仏教 泉南
仏教 四條畷
仏教 交野
仏教 大阪狭山
仏教 阪南
仏教 三島
仏教 島本
仏教 豊能
仏教 能勢
仏教 泉北
仏教 忠岡
仏教 熊取
仏教 田尻
仏教 岬
仏教 南河内
仏教 太子
仏教 河南
仏教 千早赤阪
仏教 兵庫
仏教 神戸
仏教 東灘
仏教 灘
仏教 長田
仏教 須磨
仏教 垂水
仏教 姫路
仏教 尼崎
仏教 明石
仏教 西宮
仏教 洲本
仏教 芦屋
仏教 伊丹

仏教 地名の検索情報サイト ポータルです

 仏教地名の情報サイトポータルです

仏教 大宮
仏教 見沼
仏教 中央
仏教 桜
仏教 浦和
仏教 南
仏教 緑
仏教 岩槻
仏教 川越
仏教 熊谷
仏教 川口
仏教 行田
仏教 秩父
仏教 所沢
仏教 飯能
仏教 加須
仏教 本庄
仏教 東松山
仏教 春日部
仏教 狭山
仏教 羽生
仏教 鴻巣
仏教 深谷
仏教 上尾
仏教 草加
仏教 越谷
仏教 蕨
仏教 戸田
仏教 入間
仏教 鳩ヶ谷
仏教 朝霞
仏教 志木
仏教 和光
仏教 新座
仏教 桶川
仏教 久喜
仏教 北本
仏教 八潮
仏教 富士見
仏教 三郷
仏教 蓮田
仏教 坂戸
仏教 幸手
仏教 鶴ヶ島
仏教 日高
仏教 吉川
仏教 ふじみ野
仏教 北足立
仏教 伊奈
仏教 三芳
仏教 毛呂山
仏教 越生
仏教 比企
仏教 滑川
仏教 嵐山
仏教 小川
仏教 川島
仏教 吉見
仏教 鳩山
仏教 ときがわ
仏教 横瀬
仏教 皆野
仏教 長瀞
仏教 小鹿野
仏教 東秩父
仏教 児玉
仏教 美里
仏教 神川
仏教 上里
仏教 大里
仏教 江南
仏教 寄居
仏教 北埼玉
仏教 騎西
仏教 北川辺
仏教 大利根
仏教 南埼玉
仏教 宮代
仏教 白岡
仏教 菖蒲
仏教 北葛飾
仏教 栗橋
仏教 鷲宮
仏教 杉戸
仏教 松伏
仏教 千葉
仏教 花見川
仏教 稲毛
仏教 若葉
仏教 美浜
仏教 銚子
仏教 市川
仏教 船橋
仏教 館山
仏教 木更津
仏教 松戸
仏教 野田
仏教 茂原
仏教 成田
仏教 佐倉
仏教 東金
仏教 旭
仏教 習志野
仏教 柏
仏教 勝浦
仏教 市原
仏教 流山
仏教 八千代
仏教 我孫子
仏教 鴨川
仏教 鎌ケ谷
仏教 君津
仏教 富津
仏教 浦安
仏教 四街道
仏教 袖ケ浦
仏教 八街
仏教 印西
仏教 白井
仏教 富里
仏教 南房総
仏教 匝瑳
仏教 香取
仏教 山武
仏教 いすみ
仏教 印旛
仏教 酒々井
仏教 本埜
仏教 栄
仏教 神崎
仏教 多古
仏教 東庄
仏教 大網白里
仏教 九十九里
仏教 芝山
仏教 横芝光
仏教 長生
仏教 一宮
仏教 睦沢
仏教 白子
仏教 長柄
仏教 長南
仏教 夷隅
仏教 大多喜
仏教 御宿
仏教 安房
仏教 鋸南
仏教 東京
仏教 特別
仏教 千代田
仏教 港
仏教 新宿
仏教 文京
仏教 台東
仏教 墨田
仏教 江東
仏教 品川
仏教 目黒
仏教 大田
仏教 世田谷
仏教 渋谷
仏教 中野
仏教 杉並
仏教 豊島
仏教 北
仏教 荒川
仏教 板橋
仏教 練馬
仏教 足立
仏教 葛飾
仏教 江戸川
仏教 八王子
仏教 立川
仏教 武蔵野
仏教 三鷹
仏教 青梅
仏教 府中
仏教 昭島
仏教 調布
仏教 町田
仏教 小金井
仏教 小平
仏教 日野
仏教 東村山
仏教 国分寺
仏教 国立
仏教 福生
仏教 狛江
仏教 東大和
仏教 清瀬
仏教 東久留米
仏教 武蔵村山
仏教 多摩
仏教 稲城
仏教 羽村
仏教 あきる野
仏教 西東京
仏教 西多摩
仏教 瑞穂
仏教 日の出
仏教 檜原
仏教 奥多摩
仏教 大島
仏教 利島
仏教 新島
仏教 神津島
仏教 三宅
仏教 御蔵島
仏教 八丈
仏教 青ヶ島
仏教 小笠原

徒然草には深い仏教の教えの無常観が

日本の三大古文の1つにあげられる

徒然草には

仏教の教え にとかれる深い無常観が教えられています。



人間がせっせとやっていることを見ると、

まるで春の暖かい日に、雪ダルマを作り、

その雪ダルマのために金銀珠玉の装飾品を集めたり、

堂を建てようとしたりするのに似ている。


果たして、その堂ができあがってから、

雪ダルマを中へ安置することができるだろうか。


いや、すぐに解けてしまうから、できるはずがない。


人は誰でも

「自分の寿命は、まだまだある」

と思っているが、実際には、

雪ダルマが解けていくように日々刻々と縮まっているのだ。


それなのに、あれもしたい、これもしたいと、

非常に多くのことを計画し、成就する日を待ち望んでいるのは、

雪ダルマのために堂を建てようとしているのとまったく同じではないか。


その願いがかなう前に、自分の命が尽きてしまうのだ。


(第百六十六段)


・・・・・・・・・・


「光陰矢のごとし」と言われます。

時は、「あっ」という間に流れていきます。

正月を迎えたと思っていたら、もう年末です。


地球より重いと言われる私たちの命は、

1分1秒が、取り返しのつかない価値を持ちます。


しかし、まるで無限に生きられるかのうように錯覚して、

日々をやり過ごしてはいないでしょうか?


目の前のことに追われて、

気づけば人生のたそがれを迎えたとき、

いったい何を思うでしょう?


「こんなはずではなかった……」

という後悔だけはしたくありませんよね。


もし、私たちが、兼好法師の言うように、

「儚く解けゆく春の日の雪だるまのために、

 家を建てたり、金銀財宝を集めたりしている」

のであれば、大変なことです。


そんな儚く消えゆくもののために、一生懸命生きているのでしょうか?


何のための人生なのでしょう?


長い一生だと思うと、つい時間を浪費してしまいます。

しかし、「短い」という大前提に立てば、

よほど厳選しなければならなくなってきます。


過ぎ行く人生で、一番になすべきことは何か。

本当の「人生の目的」を考えることの重要性を兼好法師は訴えています。


重いテーマですが、今年一年を振り返りつつ、仏教の教えにふれてみることで、

新しい何かが発見できるかもしれません。

勉強の秘訣

ある成功者のところへ、1人の学生が訪ねていった。
「こうにも世の中が忙しくなってきては、勉強する時間がありません。まことに困ったものです」
 そのとき、大喝一声。
「ばかなことを言うな。用事が多いからこそ勉強ができるのだ。君たちは暇があれば寝てばかりいるだろう。勉強する時間というものが特別にあるのではない。忙しいときにこそ、暇を盗んで勉強するのが本当の勉強である。用事が多いから勉強ができぬ、などと言っている者は、暇になれば遊んでばかりいる者だ。他人が勉強しているときに負けずに勉強し、他人が休んでいるときも勉強してこそ、他人より優れた成果をあげることができるのだ。忙しい時間を活かすか殺すかは、その人の覚悟次第である」 と、諭したという。

「光陰矢のごとし」と古人は言った。


 まことに月日のたつのは早い。昨日今日と思っていることが、すぐ2カ月、3カ月となり、半年や1年は、またたく間に過ぎ去ってしまう。毎日、郵便、電話や応対などの雑務に追われ、忙しい忙しいで、己の本分がなかなかはたせない
 無常は迅速であり、生死は一大事である。
 一刻たりとも、おろそかにはできぬ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。